妊娠中の貧血

妊娠中の貧血の原因とは?

妊娠すると貧血になりやすくなると言われています。
これは、個人差によってなる人とならない人がいるわけではありません。
症状として分かりやすいものとなって現れるかどうか、症状の度合いに関しては
個人差があると言えますが、妊娠すれば全ての女性が貧血になるものなのです。

 

これは、本来全て1人分で足りていたものが、妊娠することで母体のみならず
胎児にも栄養と酸素を与え続けなければならなくなるために起こるのが原因とされています。
胎児にまで栄養素を届けるために必死に体内で血液を製造し、自分の体と胎児へずっと
栄養や酸素を送り続けているのですから貧血にならないほうがおかしいと言えるのです。

 

 

また、妊娠すると初期のつわりでまともに食事をとることができなかったり、
後期つわりもあるので食欲減退のために鉄分を摂取することができず、
妊娠前には貧血知らずだった人も貧血状態に陥ってしまうことも
妊娠中貧血になりやすい原因の1つであると言えます。

 

分かりやすい症状となって出てくるのは、妊婦の4人に1人といわれており、
かなり高い確率で貧血による何らかの症状が現れてくるということになります。

 

分娩時にはある程度の出血が見込まれるため、体もそれを予測して
血液量が必要になることを理解し、血液を一生懸命に作り出そうとしてくれるわけですが、
胎児へ栄養素を送るのに必要な分、そして母体に必要な分と、出産時を見込んでの
血液量・・・となかなか満足に足りる分を製造することができないことで、貧血となり、
更に先ほど挙げたような食欲減退などのせいで更に血液を作り出すために必要な
栄養素が足りなくなり、めまいなどの症状が出てくるというのが、
妊娠中の貧血の主な原因となっています。

 

 

妊娠中の貧血症状と注意点

妊娠中の貧血といっても、基本的には普段の貧血と症状は変わりません。
ですから、普段貧血とは無縁の人が妊娠中に初めて貧血の症状を経験した場合、
それが貧血のせいであると気づかない場合があります。

 

寒気がしたり、体がだるくなってしまったり、虚脱感に襲われたかのような感覚に
陥ってしまったりといった症状が出るということは貧血にかかったことがない人では
体調不良や風邪と勘違いしてしまうのです。

 

もちろん、貧血と聞いてすぐに思い浮かぶめまいによるふらつきや、
息切れがするという症状もありますのでそこで気づけるようであれば
まだ貧血の症状が軽いうちに治療を始めることができるでしょう。

 

また、唯一特徴的ともいえる症状があるとすれば舌炎でしょう。
舌がまだらに炎症を起こすので非常に分かりやすい症状で在ると言えます。
貧血になっている、つまり鉄分が不足している状態になると舌が炎症を
起こしてしまうわけです。

 

体のだるさに関してはつわりで感じるだるさの方が思い場合が多い為、
気づかないか、気付いても症状が軽いことで無視してしまうことも多く
体のだるさで貧血に気づくケースはあまりありません。

 

特に数ある妊娠中の貧血の症状の中でも気をつけなければならないものは立ちくらみです。
お腹に大切な命を宿している妊婦さんが立ちくらみで倒れこんだ際に、
強くお腹をぶつけてしまうと、最悪の場合流産に繋がってしまう恐れがあるからです。

 

もちろん、それ以外の症状にも十分な注意が必要ですが、
極度の貧血状態にあると、ゆっくり立ち上がっても立ちくらみを
起こすようになりますから、立ちくらみには特に注意しましょう。

 

2014/07/30 20:36:30 |
鉄分の不足を指摘される妊婦さんは全体の20%と言われています。その中でも、大抵の妊婦さんは自分で日々の食事に気をつけるようにと指導を受けるだけで入院をしたりする必要はありません。中には“入院して病院でバランスを考えた食事を出してくれた方が楽なのに”と思う妊婦さんもいるのではないでしょうか?確かに、何の知識もなければ鉄分をどうやってどんな食品から摂取すればいいかというのを考えながら食事メニューを決めるのは難しいことでしょう。ですが、ある程度のポイントを押さえておけばそこまで苦労することなく1日に必要な鉄分を摂取することができるのです。そこで重要なポイントになってくるのが“非ヘム鉄”です。鉄分と一...
妊娠中に重要なのは非ヘム鉄の続きはこちら
2014/07/30 20:36:30 |
妊娠中の鉄分不足を、葉酸サプリメントで補うという方法も間違いではありません。現在では赤ちゃん用品等を取り扱う専門店に行くと鉄分を補うためのサプリメントが非常に豊富に販売されています。そういったサプリメントに含まれる鉄分の多くはヘム鉄ですが、ビタミンAの過剰摂取にはならないように成分の配合に気を配っていますので、一日の用量をきちんと守っていればビタミンA過剰症になることはありません。サプリメントのほとんどが一錠で250mg程度の鉄分を摂取することができる商品まであります。病院で処方される薬に含まれる鉄分の量は多くても100mgほどですから、サプリメントの方が気軽に多くの量の鉄分を摂取することがで...
鉄分のサプリメントについての続きはこちら
2014/07/30 20:36:30 |
一説には鉄分が不足しているといってただ鉄分だけを補給するという事は間違っていると言われています。確かに鉄分が不足しているのですがかといって鉄分だけを補給すればいいと言うわけではないというのです。では一体どうすればいいのでしょうか?答えは非常に単純で他の栄養素と一緒に摂取すればよいのです。その他の栄養素というのが妊婦にとってとても重要となる葉酸です。葉酸には胎児の奇形を防ぐ役割や、染色体異常を防ぐ役割があります。体内に摂取した鉄分を効率よく吸収するためには、鉄分だけでなくこういった他の栄養素の力も必要となるのです。鉄分以外にも貧血を治す効果のある栄養素はたくさんあり、例をあげればビタミンCや銅、...
鉄分は他の栄養素と一緒に摂取するのが好ましいの続きはこちら
2014/07/30 20:35:30 |
貧血というのは、普段から健康に害を及ぼす危険なものであると認識されているのですが、妊娠中の体は1人のものではないため、貧血になってしまうとその健康への被害というのが母体のみではなく胎児にまで影響するようになります。これが妊娠中の貧血の最大のリスクであると言えます。では実際にどのようなリスクが胎児に起こるのかというと、まず挙げられるのは流産の危険性と、予定日より早く生まれてしまうという早産の危険性というものです。胎児が成長していくために必要な酸素などを運ぶために血液は絶対不可欠なものであり、それがなかなか胎盤を通して胎児にまで届けることができないと、胎児は成長することができず流産、早産という結果...
妊娠中の貧血が及ぼすリスクについての続きはこちら
2014/07/30 20:35:30 |
妊娠中の貧血の治療方法は、大きく分けて2つあります。1つは食事での治療。そしてもう1つが薬剤での治療となります。どちらかも方法としてはとても単純で、鉄分を摂取することを主な目的としたものになるわけですが、よほどのことでない限りは入院して治療を行うということにはなりません。医師や助産師、またはそれぞれの病院にいる栄養士から指示を受け、鉄分をしっかり摂取できる食事の仕方や食品について、そして調理方法などを教わり自分で調理して鉄分をたくさん摂取するというのが食事での治療法になりますし、薬剤での治療となるとようはサプリメントを飲むのと変わらないかたちで処方された薬剤を決められた回数決められた時間に飲み...
妊娠中の貧血の治療方法についての続きはこちら
2014/07/30 20:35:30 |
貧血に深く関わってくる栄養素が鉄分です。妊娠してから出産を終えるまでに、どれだけの鉄分が失われ、だからこそどれだけの鉄分が必要になるのか?ということを知っておけば、妊娠してから出産に備えて毎日必要な鉄分の量が把握できるのではないでしょうか?出産時の出血量というのは妊婦によって変化しますし、出産方法によってもある程度の違いが出てきますので、これも実際には“あくまで”ということにしかなりませんが、妊婦が1日に必要な鉄の量は8mgとされています。内訳にすると、妊娠から出産までの間で自分の体に必要な鉄分が450mg、そして胎児への栄養となる分が250mg、胎児と母体を繋ぎ胎児に栄養を与えるために必要な...
妊娠中貧血にならないために必要な鉄分の量の続きはこちら

このページの先頭へ戻る